住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



病院の取り組み

HOME > 病院の取り組み > 緩和医療チーム

病院の取り組み

緩和医療チーム
緩和医療とは

疾患そのものに対する治療とともに、検査や治療の全ての場面で起こりえる不安や痛みをはじめとする様々な精神的、身体的ストレスなどの疾患に起因する諸症状を和らげる医療です。

緩和医療チーム

当院では、腫瘍性疾患によってお悩みの患者さん、そして患者さんを支えておられるご家族の方に対して適切な治療や情報を提供し、人生の貴重な時間を今後もよりよく過ごしていただけるように支援を行うべく、専門的なスタッフによる医療チームをつくり、皆様のお役に立てる活動を目指しています。

「緩和医療チーム」では、症状の進展や治療に伴う様々な身体的・精神的な苦痛のある患者さんに対して、適切な緩和医療が迅速に提供できるように取り組みを行っています。

スタッフからひとこと

《医師》

リーダーの麻酔科(体の痛み)、精神科(心の痛み)、臨床腫瘍医(がん診療医)を中心に専門性と経験豊かなスタッフが揃っており、症状緩和のため積極的な支援を行います。

《薬剤師》

薬の専門家という立場から、患者さんの服薬指導や薬の管理方法をアドバイスします。

《看護師》

患者さんを一番身近でケアさせていただき、痛みを和らげるような看護と苦痛なく日常生活が行えるように患者さんとご家族を支援します。

《MSW》

ソーシャルワーカーは、福祉的な観点から患者さんやご家族が抱える、心理的・社会的・経済的や問題を解決または調整できるように援助します。

緩和医療の流れの図


このページのトップへもどる