住友別子病院




病院のご案内

診療科・部門のご紹介

外来受診される方へ

入院される方へ

お見舞いされる方へ



求人情報(研修医)

HOME > 求人情報(研修医)

求人情報(研修医)

初期臨床研修医
研修理念

 臨床研修は、医師が、医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、 医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁に関わる負傷又は疾病に適切に対応できるよう、 基本的な診療能力を身に付ける。


研修医メッセージ

福本 侑麻(平成27年卒)
 住友別子病院で初期研修医と勤めさせていただきました2年間を振り返りますと、当院の特徴としてまず各診療科の垣根が低いということがあります。 当院は東予地域の広範囲から、様々な背景を持った患者さんがこられますので、ローテーション科以外の先生方にも日々ご指導いただいていました。 医師間だけでなく多職種の連携も取りやすい病院です。決して医師の多い病院ではありませんが、 多職種のサポートを得ることで仕事を行いやすい環境にあります。研修させていただいた上で、上級医の先生方はもちろん、 優秀なコメディカルやスタッフの方々に育てていただいた部分が大きいと感じています。研修プログラムを主体的に決定できることも重要な事でした。 自分が興味を持っている分野や習得したい技術について重点的に学ぶことができました。自分で目標を決め、 先生方やスタッフのサポートのもと積極的に治療に参加できる点が当院の研修プログラムの魅力だと思います。


病院概要と特徴

 当院は、明治16年5月に住友家が経営する別子銅山の従業者を診療するする施設として愛媛県で初めて設立を許可された病院で、 平成21年には企業立病院から医療法人へ移行しました。また、地域の中核病院として地域貢献を果たすべく平成28年10月には新病院を開設し、 救急機能の強化および地域がん診療連携拠点病院として医療機能の向上を図っています。
 研修面においては、「研修医のスキルアップを最優先に」をスローガンに、 見学でなく多くの症例を実践することで基本的な知識・技術を修得できる体制を整えており熱意のある指導医が教育を担当しています。



プログラムの特徴
1.要望に沿った柔軟なカリキュラムの設定
 自分の興味のある分野の知識や技術を重点的に習得するため長期間の選択科を選択できる。 後期研修では、希望があれば当院以外の他施設での研修も可能。(全国どこでも相談に応じます!)

2.確実な臨床手技の習得
 症例数に対して研修医の数が少なく、選択科の研修期間を長くできるため、希望する手技(手術・内視鏡・放射線IVR等)を豊富に経験することが可能。
@外科では研修医1名の場合、全てのOPに参加することが可能
A麻酔科と外科のタイアップにより気管内挿管・中心静脈カテーテル挿入手技を行うとともに手術介助
B内科では指導医の下で直接担当医となる
C内科医として必要な手技(腹部エコー、心エコー、内視鏡)を身につけられる
D指導医の下で週1回の救急当直
E内科ローテーションにおいて救急外来、初診外来研修

3.画像診断の特別研修(希望時)
 画像診断装置が充実しており、指導を担当する放射線診断専門医が4名常勤している。 また、院内カンファレンス(外科術前カンファレンス、肝臓カンファレンス、乳癌キャンサーボード、大腸癌キャンサーボードなど)も多い。 そのため、希望に沿った画像診断の修練が可能。

4.研究発表(希望時)
 臨床的な思考過程を訓練する上で研究発表は有用であるとの見地から、希望があれば研究発表に対する指導・支援する体制を整えている。

研修スケジュール

募集要項

参考までにこちら(PDF 1370KB)をご覧ください。

 
募集職種 初期研修医 2名
応募方法

履歴書、卒業見込証明書、成績証明書

申込先 〒792-8543
愛媛県新居浜市王子町3番1号
医療法人住友別子病院 臨床研修センター 担当:三崎
TEL(0897)37-7113
FAX(0897)37-7121
E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp
選考日

平成29年8月
応募者の都合によって選考日を調整する。

選考方法 書類審査、面接、小論文
尚、医師臨床研修マッチング協議会の行うマッチングシステムに参加する
受付期間 平成29年7月31日(月)
選考場所 住友別子病院
労働条件等年間所定就業日数:245日
年間休日:120日(土・日の他、祝日等の指定された日)
年間所定労働時間:週休2日(1,960時間)
有給休暇 1年目:11日 2年目:16日
その他休暇:生理、産前、産後、忌引、健康管理他
宿日直 4回 / 月程度
1年次:主に見学、状況により上級医師の指導の下で対応
2年目:上級医師の指導またはサポートの下で対応
福利厚生 加入保険等:健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形制度
施設・宿舎:職員宿舎(無料)、職員食堂、体育館
健康管理 定期健康診断実施
希望者には病院負担でB型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン接種
賃 金 ※平成28年度条件より
月額給 (1年次) 470,000円
  (2年次) 500,000円
賞 与 (1年次) 600,000円/年
  (2年次) 800,000円/年
年 収 (1年次) 6,800,000円/年(概算・宿日直手当相当含む)
  (2年次) 7,900,000円/年(概算・宿日直手当相当含む)
諸手当等:家族手当、宿日直手当、住宅手当等
退職金:当院退職金規程による
学会等 演題発表あり:回数無制限、参加・旅費支給
演題発表なし:全国、中四国、同門会各1回 / 年は参加・旅費支給
研究室 机、椅子、ロッカー等を完備
医療支援として医学中央雑誌、UpToDate、今日の治療指針が利用可能
その他 医師賠償責任保険加入(団体扱とするが任意での個人加入も可)
奨学金制度あり(在学6年間を限度として貸与。期間中申し込みも可)

病院見学 ・ 臨床実習

病院の雰囲気や研修内容を見ていただけるよう見学の受け入れを行っています。
希望者は、以下の必要事項を記載の上、メールにてお申込みください。
日程調整に時間を要する場合がありますので、見学希望日の2週間前までにお申込みください。
交通費は病院負担(規定による)としており、見学日程により宿泊の手配も行います。
また、臨床実習の受入にも対応しておりますので、ご希望がありましたらご相談ください。

@時間帯
 原則として、平日の8:30〜17:00
A持参品
 白衣、聴診器、筆記用具、大学で使用している名札
B申し込み、問い合わせ先
 医療法人住友別子病院 臨床研修センター 三崎
 E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp



後期臨床研修医
基本方針

内科医として第一線で活躍できる全般的な知識と技術を習得した上で、 専門医としての知識・技術・資格の習得および取得を目指します。


コース別プログラム

内科一般・サブスペシャリティーコースについてはこちら(PDF 143KB)をご覧ください。

消化器内科コースについてはこちら(PDF 235KB)をご覧ください。


募集要項
募集職種 後期研修医 4名
応募方法 医師免許証(写) を申込先に郵送してください。
申込先 〒792-8543
愛媛県新居浜市王子町3番1号
医療法人住友別子病院 臨床研修センター 担当:三崎
TEL(0897)37-7111
FAX(0897)37-7121
E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp
選考方法 面接
応募締切 選考日の5日前 (随時選考受付)
選考場所 住友別子病院
労働条件等 年間所定就業日数:245日
年間休日:120日(土・日の他、祝日等の指定された日)
年間所定労働時間:週休2日(1,960時間)
有給休暇 1年目:11日 2年目:16日
その他休暇:生理、産前、産後、忌引、健康管理他
宿日直 3回 / 月程度
福利厚生 加入保険等:健康保険、介護保険、厚生年金、雇用保険、労災保険、財形制度
施設・宿舎:社宅、職員食堂、体育館
健康管理 定期健康診断実施
希望者には病院負担でB型肝炎ワクチン、インフルエンザワクチン接種
賃 金 ※平成28年度条件より
約1,200万円 / 年(諸手当含)〜
退職金:当院退職金規程による
学会等 演題発表あり:回数無制限、参加・旅費支給
演題発表なし:全国、地方、同門会各1回 / 年は参加・旅費支給
研究室 机、椅子、ロッカー、共有インターネット端末完備、文献検索は医学中央雑誌と契約、医局共同のPC端末により、拡大ポスター作成が可能
その他 医師賠償責任保険加入(団体扱とするが任意での個人加入も可)
白衣は無償貸与
新・専門医制度への対応については、専門医試験を受けるために必要な研修が当院で受けられるよう申請中です。(内科では、基幹施設および連携施設)
病院見学

希望者は、以下の必要事項を記載の上、メールにてお申込みください。
日程調整に時間を要する場合がありますので、見学希望日の2週間前までにお申込みください。
交通費は病院負担(規定による)としており、見学日程により宿泊の手配も行います。

@見学可能時間
 原則として、平日の8:30〜17:00
A持参品
 白衣、聴診器、筆記用具、大学で使用している名札
B申し込み、問い合わせ先
 医療法人住友別子病院 臨床研修センター 三崎
 E-mail:hiroshi_misaki@ni.sbh.gr.jp




このページのトップへもどる